依頼が認められた後の手続きの流れについて

2016.8.22

相談の結果、依頼が認められたら、弁護人である先生方と共に、貸金返済請求を返済しない相手方に対して請求を行うための準備をしていく事になります。そしてまず、強圧的な相手方への催告のための内容証明郵便や裁判所への貸金返還請求訴訟のための準備、あるいは何らかの事情で相手方がそのこちら側による返還請求準備の事実を知り、仲裁による和解を求めてきたりした場合の際での話し合いの準備等々、多くのやるべきことがあります。

そして、裁判や調停、仲裁の場にその借主である相手方当事者が出席をしなかったりした場合にはその場で彼等の権利は剥奪されますので、民事執行法などにより裁判所命令などで代理業者へ強制執行をさせて、回収をさせたりする事も可能です。それでも相手方が暴力などで代執行者へ抵抗をしたりした場合には、警察や地元行政などへ依頼をして刑事罰や行政罰などを与えたりして検挙が可能ですので、そのような法制度なども大いに活用していくべきであると考えます。

当然のことながら、検挙をされた借主本人達は社会から犯罪者扱いを受けたりしますので、かなりなペナルティになり法的にも監視をされたりしているような状態になりますので、もうお金を借りたり近付いたりしてくるような事はありません。そのくらいに、調停や仲裁、裁判などへの出席を拒否した場合の制裁は大きいので、大いに活用の価値は法律上あります。

記事一覧

HOMEへ戻る