事故処理の法律相談について

post:2016/8/22

今年の4月に交通事故を起こしました。被害者には誠心誠意お詫びと迅速な対応をしましたが、なかなか連絡が取れません。保険会社とのやり取りも滞っていて前に進まない状態が続いていました。

そうこうしていると1カ月ほどたって、被害者側が弁護士をたてて連絡をしてきました。特に揉めていたわけでもないのに、何故弁護士?という感情が抑えられなかったです。法律のことも全くわからないので、被害者側の弁護士の言っていることが正しいのかさっぱりわかりませんでした。

そこで、弁護士の言うことをすべて書き出して、無料の弁護士相談に電話をかけることにしました。こちらに不利なことを言われているのではないか、あちらの弁護士の言っていることでおかしなことはないのかを質問しました。しかし、時間には限りがあり、無料で聞ける範囲にも限りがあるので、部分的な解決にしかなりませんでした。

電話相談の弁護士に言われたのは、せめて面談形式の無料相談を利用した方が良いとのことでした。仕方なく、市がやっている無料法律相談に出向き、不明なことを質問しました。この面談も時間に限りがあるのと、継続的に相談できないのが困りました。最終的には自分で調べるか、有料相談に切り替えるしかなく、いくらお金がかかるかがとても不安です。無料相談の弁護士が言うには、弁護士事務所によって金額が違うとのことなので、どの事務所を選ぶべきかが分からず困っています。